ウスラのダイエット遍歴①過激ダイエットから過食症になるまで。14㎏痩せて16㎏リバウンド★真似厳禁★

ウスラのダイエット遍歴

ダイエットの大ベテランであるわたくし。
過激ダイエットから摂食障害に足を突っ込み、改善し、ダイエットすると過食再発(笑)、何十年も試行錯誤してなんとかコントロールを身に着けた、そんな私・肝出ウスラのダイエット遍歴をご紹介しましょう。

過激ダイエット前夜

高校生 47~49Kg
オシャレ雑誌で見た「そば粉パンケーキ」など、ダイエットにいいとされるお菓子をたまにつくるくらい。
帰宅部(バンド活動)で運動しなかった。
親と仲が悪くてストレスだらけの日々だったがクラスに好きな男がいたので癒された。

食事は朝夕親の手作り、お菓子は友達と一緒の時くらいしか食べないし、甘い炭酸も好きじゃなかったので、体重は48kg前後で安定していた。

昼食代を浮かすために、学食のかけそば90円+菓子パン・ヤキリンゴ50円で過ごすとかしてた^^

大学1年 49→51~52Kg
自由時間が増えファミレスのバイト、ケーキ&パフェ食べ歩きで太りだす

このころの趣味はお菓子作り、高校生の頃からお菓子作りは好きだったが、受験が終わって自由になるとかなりの頻度で作った。
シロウトながら知り合いからは美味しいと評判をとり、近所の人から頼まれてバースデイケーキなどを請け負っていたほど。

研究のためとして、ケーキ食べ放題やパフェのハシゴとか無謀なことをしていた笑

いちおうテニスサークルに入っていたが、テニスが好きなわけではなくどこかに所属しなくてはならない、みたいな義務感だった。
サークルの先輩はみんなボディコンでスタイルがよく、圧迫感があったなあ。。。
サークルより同じ学科の友達とばかりつるんで食べ歩いていた。

過激ダイエットにトライして最大16㎏痩せるが摂食障害になる

大学2年の秋 55.5Kg
大学2年の秋、とうとう55.5㎏まで増えたのがショックで10月より過激なダイエットを始める
方法は下記の通り(マネしないこと

●10月10日~1週め 1日の摂取カロリーを250Kcalまで減らす。55.5→49.5

10月10日スタートというのを覚えている。
食べたのは、3食ともにんじん・ひじき・いりこをよく噛んで食べた。
運動もかなりハードにやった。腹筋と尻筋・ひねりを必ず30分とウォーキングを1時間以上。
1週間で55.5kg→49.5㎏まで減る

●10月17日~11月なかば 1日の摂取カロリーを400~800Kcalまで徐々に増やす 49.5→47㎏台

この時期、食べたのは、緑黄色野菜・いりこ・カッテージチーズ・鶏ささみなど。
当時、糖質オフの概念はなかったが、カロリーをコントロールすると自然に糖質や脂質から遠ざかった
運動も毎日必ず30分以上はノルマにしていた。

体重は10月17日くらいから大学祭の11月4日頃迄、49.5~49.8くらいでずっと停滞して動かなかった。
クラスの友達と大学祭で出店し、忙しく立ち働いたせいか、大学祭が終わってがくっと48Kg台に減ったのを覚えている。
11月なかばまでに47Kg台まで減る。

●11月なかば~正月 1000~1200Kcal。怖くてカロリーが増やせない。47㎏台→43㎏台

緑黄色野菜や魚、脂身の少ない肉を中心に少しずつ普通のものも食べるようにしながらカロリーコントロールは続けた。
11月末に46Kg
12月末で43Kg台迄減る。

45㎏台になったとき、もうダイエットはいいかと思ったが、怖くてなかなかカロリーを増やすことができなくなっていた

●成人式の写真撮影日にぶったおれる。41→39㎏台

お正月もカロリーを気にしながらおせちを食べた記憶がある。
結果、正月あけには41Kg台まで減っていた。
自覚はなかったが体調は限界を迎えており、成人式の写真撮影前日にお祝いで少し食べ過ぎたところ下痢と嘔吐でぶっ倒れる
このとき、体重は瞬間的に39㎏台になる
写真撮影は別の日にやったが、頬がこけており、嫌な記録写真となってしまった。

さすがにこの状態はまずいと思ったとたん過食が発動した。

(なお生理は1月だけ止まり、2月から再開しました)

●過食症発動。吐けないので面白いように太っていく41→57㎏

このときの過食はとてもすさまじかった。
板チョコ10枚を一気に食べるとか、家族用の冷凍した食パンをすべて食べつくすなどの怖いほどの異常食欲が襲った。
食事は家族と普通に食べるのだが、隠れて部屋で食べまくった
または授業をサボって、ひとりでファミレスに入り、パフェやケーキを食べながらハシゴするなどした。
バイト代は過食にかなり使われた

1月上旬は41Kgだったのに、2月のゼミ旅行時には47Kg迄リバウンドした。
ゼミ旅行のお土産は、関西限定発売のチョコを山のように買ったのだが、結局ほぼ全部ひとりで食ってしまった。

過食症(摂食障害)の自覚があり「吐いたら太らない」と考えるものの、どうしても吐けない。
ゆえに食べたものは素直に毎日脂肪になっていった。
ただ、後年考えるに、ここで吐けなくて正解だったと思う。

大学3年の4月はじめの健康診断時、かろうじて49㎏だったものの、その後も過食で太り続けた
太っていく自分がとても嫌だった。
もう止めよう、もう一度痩せたい、せめて暴食をやめて普通の食事にしたい……と思うものの、1日と続かず夜になると冷凍庫のパンをまたかじっている。そんな状態だった。

6月には人生で最も重い57㎏に到達した4か月で14㎏痩せ、5か月で16㎏も太ってしまった

そこまできてやっと異常食欲が「よく食べる人」程度におさまってきた。
骨格なのか、ぽっちゃりして可愛くなるタイプではなく、おばさんみたいなルックスで小汚い感じだった。

もともとモラハラ気味の親と折り合いが悪かったことと、太った姿で地元にいるのが嫌すぎて、大学3年の夏は北海道に住み込みでペンションのアルバイトにいった。
そこでは最初から太った状態の私が当たり前なので、ストレスが少なかった。
ペンションの仕事は忙しかったが、食べ物もおいしかったので痩せず、夏の体重は57㎏台で安定していた。

(つづく)
第2回目 大学3年・4年
ダイエット遍歴②規則正しい食生活のダイエット方法で7ヶ月で13㎏痩せるも8㎏リバウンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました