「食べちゃダメ」と思わないのがコツ。30分だけ我慢!食欲を先延ばしにしてコントロールする行動7【食欲を抑える】

過食との付き合い方

過食持ちにとって、突然ムラムラわき起こる食欲は悩ましいものです。
過食=食依存中毒みたいなものなので、人によっては禁断症状みたいな狂おしさを感じることでしょう。
私もいまだにそういうときがあります。
今回は、私がやってみて実際に効果があった、食欲を抑える方法を紹介します。

禁じると思いが募る…過食したらダメ、と禁じない。過食を許容しながら改善する

過食したらダメ、と思うとよけいに思いが募ります
食べたい気持ちが抑えられなくなる。

過食したっていいんです。
別に過食行動はそれほど異常でもありません。

普通の人でも
「今日はなんだか食欲あるわあ」などといってよく食べる日があるし、
好きなものなら底なしに腹パンになるまで食べる、
なんてことは、いたって普通です。

それに戦争や食料危機などで、
飢餓の経験がある人は、食べ物に執着を示します

私たちは「ダイエット」で人工的とはいえ、飢餓を経験しているので
食べ物に執着があって食べ過ぎてしまうのは仕方がない
ことなのです。

ただ毎日過食してたら、いくら代謝がよくても
太る以前に体に良くないので、
過食というか大食いは頻度を下げたいですよね。

(それで私は週2チートやってるわけですが)

そうです。基本理念は、

過食は禁じないで許容する。

それが心によけいなストレスを与えないための考え方。
依存症は、心にストレスがかかると、発症リスクがあがりますからね。

そのうえで
・過食(ドカ食い)の頻度を下げる
・過食の食べ物の質をよくする

食行動を無理なく改善していくことをのんびり考えましょう。

ムラムラ食欲がわいたときの心の持ち方

大前提。食べちゃダメ、と思わないで先延ばしにする

食べたい気持ちに対して「食べない」「食べたらダメ」とは絶対思わないこと。
上で述べたように、思いが募り、ますます食べたくなります。

あとで食べていい。今だけ食べないの♪

とできるだけ軽く思うようにします。つまり先延ばしにするだけだよ、と自分をごまかします

悲壮感漂う一大決意とかはしないほうが、心のストレスになりにくいと私は経験上考えます。
あくまでも「いつでも食べられるけど、今は食べないだけ☆」と明るく軽く考えます。

「禁止する」「禁じる」とよけいに思いが募って、気持ちのコントロールができなくなります

私らがしたいのは精神修行じゃなくて、痩せる、もしくは痩せ維持のために食う頻度を減らしたいだけですよね。

我慢はできるだけ短く。できる短い我慢の間に気分を変える

我慢は今だけだから大丈夫、単なる先延ばしだ、と思うのが自分をコントロールするコツです。

そして「今」はできるだけ短くするのが最良です。

長くしすぎると、挫折して食べてしまうリスクが増します。

同じ食べるのでも、

決めた我慢が達成できたから食べる、というのと、

我慢ができず食べてしまった、というのでは

同じカロリーを食べたとしても心への作用は正反対になってしまいます。

過食がある人は、失敗への耐性が弱く傷つきやすいことが多いので「失敗」はしないにこしたことはありません。

私は30分をよく使います。

30分だけ我慢し、その間に気が変わるような行動をすると、食欲がどこかに行ってしまう場合が多々ありました。

30分というのは一例なので、自分ができる我慢時間の間に、気分を変えてみてくださいね。

30分だけ我慢!食欲を先延ばしにしてコントロールする行動7

食べていいけど、30分だけ我慢してみよう」と我慢は単なる先延ばしと考えます。
その間に、食べる気が薄まるような行動をやってみることで、私は狂おしいほどの食欲のコントロールに何度も成功してきました。
(もちろん失敗することもありますが^^;)

私がやってみて成功率が高かった7つを紹介しますね!

1.30分だけ我慢することにして運動する

30分の我慢の間に、運動をします。
有酸素でも筋トレでも、階段の上り下りなどでもいいです。
運動をするとアドレナリンが出るせいか、気分が変わり、異常な食欲が消える効果が高いです。

2. 30分だけ我慢することにしてお風呂に入る

お風呂に入ると裸を目の当たりにするからか、
お湯の温熱刺激なのか、
石鹸やシャンプーの香りなのか、
何故か食欲がおさまることが多いです。

3. 30分だけ我慢することにして見えるところを片付ける

見えるところから、ごちゃごちゃした小物や、ガサっとした紙類が見えないように片付けてみます。
「キレイにすっきりしたところで美味しく食べよう」などと考えながら片付け始める
だんだん片付けに集中してきて、食欲がどうでもよくなることがよくあります。

すっきりキレイに片付いておしゃれな部屋にいると、
食べるにしてもジャンクフードとかより
美味しいコーヒーとか、おしゃれなスムージーとかそういうもののほうがふさわしいように感じられてきます。

4. 30分だけ我慢することにして鏡を見る

全身鏡でも手鏡でもいいです。
デブチェックでなくても、鏡を見ながらメイクの研究とかファッション研究とかをします。
メイクとかファッションとか美関係をやると食欲が消えていきます。

5. 30分だけ我慢することにして面白いものに熱中する

推しが出ている動画とか最良です。
好きな音楽をヘッドホンで大音量でかけるのも効きます。踊っちゃうのもいいですね。
ゲームでも漫画でもお笑いでもなんでもかまいません。

感情が変動することで食欲が消えていきます。

6. 30分だけ我慢することにして、寝る

許されるなら寝そべって寝ちゃいます。
寝るとだいたいは気分がリフレッシュされますよね^^

7. 究極。食をもって食欲を制す。食事の支度をする。

料理ができる人は「食の準備」に集中することで、ムラムラ狂おしいほどの食欲が抑えられる場合があります。

もし食欲が抑えられなくても……
コンビニ菓子とかを爆食するよりは、
食事を早めて、自炊した栄養的にいいものをたくさん食べた方がはるかにいいです。

毒をもって毒を制す、ならぬ食をもって食を制す
です。

まずはきちんと食事をして、それでもお菓子が食べたければ食べていい
と自分を許します。

同じカロリーオーバーでも、きちんとした食事の場合は、
たんぱく質やカルシウム・鉄分がきちんととれるため、
未来の過食要因の大きな1つを消すことになります。

お菓子ばかりだと必要な栄養分が不足して
「糖質中毒」「砂糖中毒」
が止まらなくなる恐れがあるのです。

先延ばししてもまだ食べたい場合は…

それは体が欲している状態だと思われますので、食べてもいいと思います。
罪悪感を持たないように、美味しく楽しく味わって食べましょう。

もっと直接的な方法は……

職場にいたりなど、気分を変える状況にないなどの場合は、もっと直接的な方法があります。
水分で胃を膨らませたり、ガムを噛んだり、歯を磨いたりする、などです。

それについては別記事「手軽にできる空腹感を消す8つの方法・五感を駆使して食欲をコントロール【食欲を抑える】
としてまとめていますのでそちらもどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました